プットこいてプットこいてプップップーーは危険。

0

    JUGEMテーマ:日記・一般


    普段の月曜日。
    ただただ普段通りで、朝から母の通院介護をして、母の買い物をして
    実家の用事をしての午前中。

    子供は夏休み。
    土曜日に嫁の父のお友達のおうちにお邪魔しに高浜に。
    日曜に実家に迎えにいっての翌日なので、
    この月曜日は何もしない予定にしていた。

    ただ気分がなぜか冷麺だったので、
    王将に冷麺を食べに行こうとお昼前に外出することになった。

    しかし、なぜか王将には行かずに車に乗り大原の土井のしば漬けのお店に。
    竃で炊いたご飯。そしてフリーのお惣菜。
    これを堪能することになった。

    んで、
    いつものようにツタヤに寄り、そのまま帰宅するはずが、車の音響の心地よさとクーラーの心地よさで
    もうちょっと走ることに。でも街中は渋滞しているとクーラーが効かないので郊外に。

    そして
    また同じように大原に。そして途中を超える。
    トンネルでどっちに行こうかと
    プットこいてプットこいてで堅田方面に。

    娘がトイレに行きたいというので
    琵琶湖大橋の西岸の道の駅に立ち寄る。

    そこでまた
    プットこいてプットこいてで琵琶湖大橋を渡る。

    全く意味のない行動。

    で、そのまま8号で栗東に。

    高速に乗って京都東にむかうのか?
    どうしようと考えて
    プットこいてプットこいてで名神を北に向かうことに。

    ま、こんな感じもたまには良いと....。

    米原JCTで
    プットこいてプットこいてで名神を名古屋に向かうことに。

    小牧JCTで
    プットこいてプットこいてで中央道に向かうことに。

    ま、ここまできたならば
    やはり五平餅。

    NHKの朝の連続ドラマ小説にはまっている我が家。
    なんとか五平餅をとおもいましたが、
    この段階で18時前。当然しまっておりました。

    このまま
    プットこいてプットこいてをやってるとえらいことになりそうなので、
    プットこいてプットこいてをやめることにして
    ここまで来たならば諏訪にお蕎麦を食べに行こうと決意。


    諏訪に着いた段階で、すでに20時。
    まだ蒸し暑い。

    諏訪湖のSAに入ってお店は京都でもたべれるので、
    フードコートでのお蕎麦をいただきました。
    550円でも美味でこの締まったコシがたまりません。
    やはり信州そばが私はすきです。

    しかし、わざわざここまで来てこのままU-ターンも馬鹿らしいと思い。

    ここんとこの火星のお話に心が揺れ
    どうせ見るならば標高2,000mで空を見上げたいと高速を降りてひたすらビーナスラインを登っていきました。

    目指すは『美ヶ原』ではありましたが、標高があがるにつれて寒いこと寒いこと。
    白樺湖を超えた段階でエアコン設定は29度に。勝手に暖房状態です。
    私もTシャツ1枚。子供もノースリーブ。
    せめて車山高原までとおもいましたが、
    さすがに寒いので、霧ヶ峰富士見台に。

    外はさすがに寒いです。
    何度かはわかりませんがかなり寒い。

    車のライトを消して、
    外に出て空を見上げ。目が慣れるまでしばらく時間がかかります。

    月が綺麗すぎて、
    月のあかりで影ができるぐらい。

    火星もきっちりみえました。


    1本だけたっている霧ヶ峰富士見台の木です。
    その横にほぼ満月の月。
    火星はもっと右にみえます。しかしIPHONEでは撮れませんでした。
    昼間の晴天時はこの木の右下の方に遠く富士山が見えます。

    昔から好きでよく来た場所です。

    この段階夜11時。

    泊まらずに帰るのです。
    はい。来た道を戻るのです。

    プットこいてプットこいてはもうやりません。

    オドメーターは500KMを超えていました。
    ま、往路はなんやかんや回っていましたので余計目に走っているかもしれませんが
    それを差し引いても400KMはあります。
    平均100KM/Hとしても4時間。

    嫁と子供は寝ていたらいいと言っても
    さすがに今回は無謀なプットこいてプットこいてだったかと
    標高2,000Mで反省をし。。。。。
    しかし後悔をしない私は
    ほな帰ろと下山。

    蓼科側を通らずに白樺湖のところから下山。
    通常はこちらの方が整備されている道なので走りはやすいです。
    その分、スピードが上がるのがこの帰路の悪いところ。
    諏訪市内に降りた時には気温差と気圧差で
    ペットボトルがへこんでおりました。

    恐るべき気温差と気圧差。

    そこからひたすら帰路帰路。
    苦手な恵那山トンネルもクリア。
    9km近いトンネルはとても嫌いですが、
    なんとか歌でいつもごまかします。
    はい。

    古川理髪院の音響と同様で、
    うちの車はAMPの谷口先生の手にかかり
    超美音のカーオーディオとなっております。

    高速道路での走行時は爆音で走っております。はい。
    で、夜の高速は歌をうたうのにはとても良い環境でございます。
    人に見られることがございませんので。

    二回の休憩で
    家に着いたが午前3時。
    なんと走行距離は882KM

    陸路で南に向かえば熊本と鹿児島の間までいけますね。

    その昔V-MAXに乗っていた頃、大分から1日で京都まで800kmを走ったことがございました。
    この時はバイクだったせいもあり帰ってから3日間寝ました。はい。

    東京ディスニーランドに行く場合でも約500km。
    ま、日曜の朝から普通に店をあけていて
    お風呂もあがり、これから寝るぞという時に
    思い立って東京に向かい、寝ずに車で走り、翌日の月曜の朝から夜までディズニーの中で遊ぶよりは
    体はマシでございますが...。

    何にしろ、
    プットこいてプットこいてプップップーーは危険でございます。

    それと同乗者はしんどいと思います。

    これからの人生は
    もっと計画的にしていきたいと思ってございます。

    はい。

     

    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others